洗顔しても毛穴の白い詰まりが取れない!その正体と正しいお手入れとは

「洗っても洗っても、毛穴の白い詰まりが取れない!」
なんてことありませんか?

とくに鼻の毛穴は詰まりやすい部分。
ファンデーションで隠そうとしても逆に目立ってしまい、小さいながらも本当にやっかいな存在ですよね。

そんな私たちを悩ませる白い詰まりの正体は、ズバリ「角栓」です。

角栓は、間違ったケアによって悪化して取れにくくなってしまいます。

今回はそんな私たちの肌に暗い影を落とす「角栓」について、徹底解説。

  • 毛穴の白い詰まりは何?
  • どうして毛穴が詰まってしまうの?
  • 毛穴の白い詰まりは、悪化するとどうなる?
  • 白い角栓と黒い角栓の違いを知りたい!
  • 毛穴の詰まりが取れる洗顔って、どんな洗顔?

このような疑問をお持ちのあなた、必見です。
頑固な毛穴の詰まりを一緒にケアして、つるんとした肌を取り戻しましょう♪

1.毛穴の白い詰まりは「角栓」

毛穴の白い詰まりは「角栓」

洗顔しても取れない、毛穴に詰まった白いものの正体は「角栓」です。
角栓とは一体どのようなものか、詳しくチェックしていきましょう。

1-1.角栓とは

角栓とは、古い角質と皮脂が混ざってできた塊のこと。

毛穴の中もターンオーバーを繰り返しており、古い角質がどんどん排出されます。そこに皮脂腺から分泌された皮脂が混ざって、角栓が出来上がります。

私たちを悩ませる憎き角栓ですが、実は角栓にも肌を守る役割があります。
それは、毛穴の内部を外的刺激から守ること。

毛穴の外には、紫外線や花粉などあらゆる刺激があります。
そのダメージを直接受けないように、角栓が守ってくれているのです。

本来、角栓はあまり目立たず自然と取れていくもの。
しかし角栓が大きくなって毛穴の外に突出してくると、肉眼でもわかるように目立ってしまうのです。

これがまさにあなたが今お悩みの、毛穴の白い詰まりの正体なのです。

1-2.白い角栓は悪化すると黒い角栓になる

白い角栓は、空気や紫外線に触れると酸化します。
すると白い角栓が黒くなり、余計に目立つように。
さらには角栓自体が硬くなるので、簡単に除去できなくなってしまいます。

白い角栓は悪化すると黒い角栓になる

↑こちらの写真は、ある日の私の毛穴。(汚くてゴメンナサイ!)
白い角栓と黒い角栓が共存していますね。

紫外線、摩擦、洗顔の過不足などで、同じ日の同じパーツでも角栓の進行具合に違いがでてきます。

黒い角栓がポツポツ

↑こちらは、黒い角栓がポツポツ突出しています。

このような角栓は普通の洗顔料で朝晩洗っても、全く取れません!
特別なケアが必要ですので、のちほど詳しく解説していきますね。

1-3.角栓が「毛穴浮き」の原因に

角栓があるとファンデーションが上手く乗らないですよね。

それは「毛穴浮き」と呼ばれる現象。
角栓がある部分とない部分で凹凸が生まれて、ファンデーションがキレイに乗らないのです。

さらにこれをカバーしようと厚塗りすると、余計に目立ってしまうので要注意。
毛穴浮きした部分が気になってスポンジやティッシュでこすると、ファンデーションもよれてしまって、とても汚くなってしまいます。

朝のスキンケアを丁寧に行い、化粧下地を使って肌をなめらかにするなど、ファンデーションを塗布する前のケアも重要になります。

2.毛穴を詰まらせる5つのNG行動

毛穴を詰まらせる5つのNG行動

では角栓が大きく目立つようになってしまうのは、どのような理由からなのでしょうか。
詳しく深堀りしていきましょう。

2-1.クレンジングや洗顔を怠る

クレンジングや洗顔を怠って、メイクや皮脂汚れが肌に残っていると、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

・メイクした日は必ずクレンジングを

どんなに疲れていても、メイクしたまま寝てしまうのは厳禁!
残ったメイクや皮脂は古い角質や汚れと混ざって「過酸化脂質」に変化します。

過酸化脂質は肌にダメージを与えて、ニキビ、くすみなどあらゆる肌トラブルの原因に。
その日のメイク汚れはその日のうちにオフするようにしましょう。

また油性のメイクアップ化粧品は、洗顔料では落とせません。
たとえナチュラルメイクでも、メイクした日は必ずクレンジング剤を使うことをおすすめします。

リキッドファンデーションなどを使用した濃いメイクのときはオイルクレンジング、ミネラルファンデーションを使ったナチュラルメイクの日はミルククレンジングといったように、メイクの濃さに合わせてクレンジングを変えると、肌への負担を軽減できますよ。

・朝も洗顔料を

乾燥するので朝は洗顔料を使わずに水だけで洗う、という方もいらっしゃいますよね。

しかし、寝ているあいだに分泌された皮脂や汗、またほこりや古い角質も肌に付着していますので、朝も洗顔料を使うようにしましょう。

とくに毛穴を引き締めようと冷水だけで洗うと、汚れが残りやすくなってしまいます。
洗顔料で洗ったあと、ぬるま湯ですすぐようにしましょう。

2-2.クレンジングや洗顔のしすぎ

逆に、クレンジングや洗顔のしすぎも毛穴の詰まりの原因になることがあります。

その理由は、皮脂の過剰分泌。
皮脂は膜を張って肌の水分の蒸発を防いだり、外的刺激から守る役割があります。しかし洗顔のしすぎによって皮脂を取りすぎてしまうと、肌が乾燥してたくさんの皮脂を出して肌を守ろうとしてしまうのです。

  • クレンジングや洗顔を長時間する
  • 強くゴシゴシ洗う
  • 熱いお湯ですすぎをする

これらは肌を乾燥させる原因になってしまいます。
肌に負担をかけないようにやさしく丁寧に行いましょう。

2-3.毛穴パックのしすぎ

毛穴の詰まりといえば、活躍するのは毛穴パック。
誰もが一度は使ったことがあるような、鉄板アイテムですよね。

しかし毛穴パックを使って一時的にはキレイになっても、また毛穴が詰まってしまうことはありませんか?場合によっては、毛穴が開いて余計に目立ってしまうなんてことも。

実は毛穴パックは、使い方を間違えると肌に大きなダメージを与えてしまうのです。

とくにシートタイプの毛穴パックは要注意。
必要以上に乾かしすぎると、シートが硬くなり、必要な角質まで剥がしてしまうのです。

どうしても使いたい場合は、シートが乾きすぎないうちに?がしましょう。
また剥がしたあとに、収れん化粧水で毛穴を引き締めるのも効果的です。

いずれにしても肌へのダメージが大きいので、とくに乾燥肌や敏感肌の方はできるだけ使用しないことをおすすめします。

2-4.ピンセットで引き抜く

角栓が飛び出していると、ピンセットで引き抜きたくなりますよね。
実はそれも、毛穴を目立たせるNG行動のひとつです。

先述したように、角栓には毛穴を守る役割があります。

毛穴の内部の角栓を残しつつ、突出した部分だけをカットできればいいのですが、そのような細かい調整はできずに、結局肌内部の角栓も除去してしまうことになります。

必要な角栓まで除去してしまうと、もっと角栓を作ろうと指令が出されてしまうのです。
その結果、新たな角栓が誕生。結局、余計に毛穴が目立ってしまいます。

またピンセットによって、周りの皮膚を傷つけてしまう可能性も。
周りの健康な皮膚がダメージを受けて、ターンオーバーが乱れると、さらなる角栓に繋がります。

以上のことから、ピンセットによる角栓の除去はおすすめできません。

2-5.指で無理やり押し出す

また指で無理やり角栓を押し出すのもNG!
肌内部の必要な角栓まで押し出してしまうことになるからです。

さらに爪や指の摩擦で、周囲の健康な皮膚も傷つけてしまう危険性も。

その結果、急ピッチで新たな角栓が作られてしまうので止めましょう。

3.毛穴の白い詰まりにおすすめなのは「酵素洗顔」

毛穴の白い詰まりにおすすめなのは「酵素洗顔」

無理に角栓を取るのはよくないことはわかりましたが、それでも普通に洗顔しているだけでは角栓は取れませんよね。
そんなときおすすめなのは、「酵素洗顔」です。

酵素洗顔とは一体どのようなものなのか、見ていきましょう。

3-1.酵素洗顔とは

酵素洗顔とは、その名の通り「酵素」が配合された洗顔料のことです。

角栓は、皮脂とたんぱく質が混ざったもの。
酵素は、この皮脂とたんぱく質を分解する効果があるのです。

定期的に酵素洗顔を取り入れることによって、角栓は徐々に小さくなっていきます。

3-2.酵素洗顔に配合されている酵素の種類

酵素洗顔に配合されている、主な酵素は次の3つ。

  • プロテアーゼ
  • パパイン
  • リパーゼ

プロテアーゼとパパインはたんぱく質を分解してくれる酵素。そしてリパーゼは皮脂を分解する酵素です。

たんぱく質を分解する酵素と皮脂を分解する酵素、どちらも配合されている酵素洗顔がより効果的と言えます。

3-3.酵素洗顔は週1がおすすめ

酵素洗顔は洗浄力が強いので、週1回程度のスペシャルケアとして取り入れるのがおすすめ。

また洗顔している時間が長すぎると、乾燥を引き起こしてしまいます。
とくに乾燥肌や敏感肌の方は、酵素洗顔を使う頻度や長さに注意を払いましょう。

3-4.毛穴パックほどの即効性はない

酵素洗顔は毛穴パックのように、一気にごそっと取れるわけではありません。
1回で目立たなくなる角栓もあれば、何回か使っていくうちに徐々に小さくなっていくものもあります。

結果を焦らずに、徐々に毛穴を目立たなくさせる気持ちで使いましょう。

3-5.パウダータイプの酵素洗顔の使い方

酵素洗顔といえば、個包装になっているパウダータイプのものが王道ですよね。

このような酵素洗顔は、次のポイントを意識して使ってみてください。

・泡立てネットは必須

パウダータイプの酵素洗顔は、手だけではなかなか泡立ちません。
泡立てネットを使い、少量の水を加えながらしっかり泡立てていきましょう。

・乾燥肌や敏感肌の人は、部分使いを

酵素洗顔は洗浄力が強いので、乾燥肌や敏感肌の人が顔全体に使うと、乾燥しすぎてしまうことがあります。

そのような方は、毛穴が気になる部分にだけ酵素洗顔を使い、その他の部分は一般的な洗顔料を使うとよいでしょう。

3-6.毎日使えて泡立て不要の酵素洗顔もある

しかし中には、毎日使えてめんどうな泡立ても不要な酵素洗顔もあります。

ピュアセラディープクレイ

こちらはパウダータイプの酵素洗顔ではなく、ペーストタイプの洗顔料。
そのまま顔に塗るだけなので、泡立てる必要はありません。

吸着力のある泥に、たんぱく質を分解するプロテアーゼと皮脂を分解するリパーゼの2種の酵素が沖縄産のクレイに溶け込んでいます。アルガンオイル配合で酵素洗顔にありがちなつっぱり感もなく、毎日使用可能♪

週1回の酵素洗顔では不安な方、泡立てがめんどくさいと思っている方は、このような酵素洗顔もおすすめですよ。

4. 毛穴を詰まらせないスキンケアと生活習慣

毛穴を詰まらせないスキンケアと生活習慣

毛穴を詰まらせないために、気をつけるべきなのは洗顔だけではありません。
次にご紹介する丁寧なスキンケアや生活習慣の改善も大切ですので、併せて取り入れてみてくださいね。

4-1.丁寧な保湿

角栓ケアには、丁寧な保湿も大切です。

肌の乾燥は、過剰な皮脂分泌を誘発してしまいます。
どのような肌質の方も、スキンケアで肌にうるおいを与えることが大切です。

・オイリー肌の保湿

もともと皮脂量も多いオイリー肌の人は、保湿すると余計に毛穴が詰まってしまいそう、と思うかもしれません。しかし洗顔後に何も塗らないと、過剰な皮脂分泌を起こしてしまいます。

まずはしっかり化粧水で肌を保湿するようにしましょう。
毛穴引き締め効果のある収れん化粧水を使ってもOK。
(収れん化粧水の保湿力は低いので、そのあとに保湿化粧水もお使いください。)

ただし乳液やクリームは、抑えめに塗るのがベター。
とくに角栓ができやすいTゾーンはごく少量にすると、毛穴が詰まりにくくなります。

・乾燥肌の保湿

乾燥していると過剰な皮脂分泌が誘発されてしまうので、しっかり化粧水で保湿します。そのあと、乳液かクリームで蓋をしましょう。

とくに角栓による毛穴浮きが気になる方は、朝の保湿も入念に。

私は毛穴浮きが気になる時期は、朝に3分程度シートパックをしています。
それによってぐんと化粧ノリがよくなるので、おすすめですよ。

4-2.紫外線ケア

毛穴を詰まらせないためには、紫外線ケアも重要。

白い角栓は紫外線に当たると、酸化し黒色化して硬くなり、ケアも困難に!

できるだけ紫外線を避けて、白い角栓のうちに退治しておくことがポイントです。

「鼻はマスクで隠れているから」と紫外線ケアを怠るのは危険。
紫外線はマスクを通過しますし、日焼け止めを塗っていても摩擦によってまだらになっている場合があります。

こまめに日焼け止めを塗り直し、紫外線の強い時期は帽子や日傘などを併用することをおすすめします。

4-3.生活習慣の改善

毛穴が目立っているときは、次のような生活改善も大切です。

・食生活の改善

脂っこい食べ物や糖分の多い食べ物は、皮脂分泌を活発にさせます。
また早食いも血糖値が上がりやすいのでNG。

脂控えめで栄養バランスのよい和食をゆっくり楽しむ、そんな食生活が毛穴にもいい影響を与えてくれるでしょう。

・質の良い睡眠の確保

「睡眠は最高の美容液」といわれるように、毛穴にもその効果は絶大です。

とくに寝入りの3時間は、肌の修復に関わる成長ホルモンの分泌がピークになる時間。
睡眠時間があまり長くとれなくても、寝入りにぐっすり寝ることが大切です。

  • スマホを寝室に持ち込まない
  • 寝る前3時間前には食事を終える
  • 寝る前のカフェインの摂取は控える

などして、質の良い睡眠を取れるようにしましょう。

5. まとめ

今回は、毛穴の白い詰まりについて、詳しく解説してきました。

毛穴の白い詰まりの正体は「角栓」。
古い角質と皮脂が混ざり合ってできたものです。

角栓は毛穴を守る役割がありますが、悪化すると大きくなって目立つようになってしまいます。さらに酸化すると、黒く取れにくくなってしまうので要注意。

角栓には酵素洗顔をはじめ、丁寧な保湿やUVケア、生活習慣の改善など、あらゆるアプローチが功を奏します。

まずはできることから始めて、少しずつ毛穴の目立たない肌を育んでいきましょう。

ディープクレイバナー

ディープクレイ開発秘話

おすすめの記事